ビフィズス菌を増やす方法|効果なしの噂の真相

ビフィズス菌を含む食べ物は何?

ビフィズス菌を多く含んでいる主な食べ物は発酵食品です。
一番有名なのはヨーグルトで、整腸作用がある食品として知られています。
細菌の種類が違うさまざまな乳酸菌が入ったヨーグルトがあるので、生きたままで腸に届いて優しく作用するものや、免疫力アップ、アレルギー対策、ストレス解消などいろいろな効能が期待されていて、味の種類もプレーンやバニラ、フルーツ系、シリアルや穀物が入ったものなどバラエティが豊富です。
ドリンクタイプの飲むヨーグルトでも同じ効果が得られるので、朝起きたときに飲むなど習慣にしておけば健康管理に役立ちます。
味噌や醤油、漬けものなど日本古来の発酵食品もビフィズス菌を含む食べ物として有名です。
健康食品としても注目されている納豆や黒酢も善玉菌を含んでいて、腸内環境を整えてくれるので毎日少しずつ食べていると、便秘にならない体質になったり肌がきれいになって若返ったり、慢性疲労を改善したり代謝がよくなって太りにくい体になるなど、健康や美容のための効能が期待できます。
発酵食品をたくさん使う和食を積極的に食べるようにして、スイーツやおやつ代わりにヨーグルトを食べたり、食生活を見直してビフィズス菌の入った食べ物を毎日摂り入れるようにしましょう。

 

 

ビフィズス菌が効果なしというのは本当?

ビフィズス菌を食べても効果なしの場合は、体質に合わない種類を摂取していたり、食べ方に問題があることが考えられます。
人間の腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌という種類の腸内細菌がそれぞれ2対1対7の割合で生息していて、それぞれが大切な役割を果たしています。
ビフィズス菌は善玉菌に分類されるので、本来は健康のためによい働きをしますが、効果なしの人は既に大量の善玉菌を腸内に持っていて、これ以上摂取しても効果を実感できないのが理由の場合があります。
ビフィズス菌が効果なしの別の理由は、生きたままで腸まで届くことができずに死滅していることが挙げられます。
善玉菌は酸に弱いので、胃に入ったときに胃酸を浴びるとほとんどが死んでしまい、腸内に到達することができません。
しっかり整腸作用や健康のための効果を得たいなら、生きた状態で腸まで届くタイプを選ぶようにしましょう。
細菌はヨーグルトや飲むヨーグルト、サプリメントなどで特殊な善玉菌が使われていることが明記されている商品も多くて、ビフィズス菌が生きたまましっかり腸内に運ばれて善玉菌の数を増やしたり、腸内環境を整えてくれることが証明されています。
効果なしで困っているならビフィズス菌の種類に注目してみましょう。

 

 

増やす方法はある?

ビフィズス菌を増やす方法で一番よいのは、含まれている食品を毎日食べることと、善玉菌の繁殖をサポートする食品を組み合わせることです。
ヨーグルトや漬けものなどの発酵食品にはビフィズス菌がたくさん含まれているので、毎朝ヨーグルトを食べるようにしたり、飲むヨーグルトを1日1本飲むことを習慣にしたり、味噌や醤油などの発酵食品を使った和食のメニューを積極的に選んで、おかずは納豆や漬けものにするなど健康的な食生活をしていれば、体内で善玉菌のバランスを保つことができます。
数を増やす方法で有効なのは、善玉菌がエサにする食物繊維を多く含んだ食品や、オリゴ糖を摂取することです。
中でもリンゴ、バナナ、にんじんはビフィズス菌を増殖させる因子をたくさん持っていることが知られているので、ヨーグルトを食べるときにリンゴとバナナを加えたり、食物繊維がたっぷり入ったシリアルと混ぜたり、和食の献立で人参を積極的に使うと効果的です。
ほかにもイモ類やこんにゃく、海藻、キノコ類など食物繊維の多い食品を普段から食べるようにして、雑穀米を使ったりスイーツの代わりにヨーグルトを食べるなど工夫すれば腸内環境を改善できます。
ビフィズス菌を増やす方法を実践して健康な体作りをしましょう。

 

 

参考になるウェブサイトを紹介!

ビフィズス菌には色々な効果が期待できますが、そのうちの一つとして便秘解消への効果が期待できます。
でも、ビフィズス菌を取り入れることで便秘の改善につながらない人もいるかもしれません。
もしあなたがそういう状況なら、便秘対策はそれ以外にもたくさんあるということを知っておくことが重要です。
例えば、便秘のお茶というものが人気があったりします。そういうものの情報があるサイトを見てみてはいかがでしょうか?
便秘にお茶
こちらのサイトでは便秘に効くお茶の情報を紹介してくれています。